太陽の活気などについて探究しました

日などについて修練しました。日の主体の気温は約1600万K、重圧は2.4×10Paをこえます。こういう高温高圧の根底では水素の原子核どうしが力強く衝突し、4個の水素原子核が1個のヘリウム原子核に変わるルーツ融合が起こり、こういうこと失われた質量がエナジーとなって放散されています。こういうルーツ融合は気温と重圧が大きいほど活発な結果、ほとんどが日の中枢周囲で起こってあり、発生したエナジーは放散・対流などによって日仮面に運ばれている。日の主体から放射されるエナジーは波長の非常に少ないγ線ですが、外部にすすむにつれて吸収・放散をくり返し、徐々に波長の長いものに変わります。日仮面からは、主に可視光線や赤外線が宇宙剰余に放散されます。日を特別すると、地球に最も近い恒星でも輝きの速さで4年以上増える寸法にあります。このように遠く離れた恒星の性質も、天体計測技の成長によって徐々に明らかにされてきました。ほんとに勉強になりました。http://www.fkpp.org/