道場気持ちの未知の周辺を散策していると……

「A・Iくん。自分も朝から農作業でボロボロです。今から夕方まで仮眠を盗るから、その間はN・Mくんから最も特定がなければ自由にしてていいよ」
 それは、ぜんぜん配下場合しからぬN・Hの姿勢だった。
「分かりました」
 その後M・Tは外出し、わたしはN・Hと同じように仮眠を摂ることにし、ゆっくりとしたステップで、どっか女性ひとりで羽根休めできそうな残りはないかと道場メンタルのあらゆる場所を洗い浚い探索した。
 二フロアには回廊を挟んでN・Mの書屋の向かい側に先グループ別のルームがあった。ドアが開けっ放しになっていて中央がガラス張りの書屋は潔癖なN・Mらしく、正しくコーディネートされていた。
 あんまりのルームはドアが閉まっていたが中央は一体——。
「A・Iさーん!」
 さながらゼロフロアから駆け抜けのぼってくるかのようになるM・Mの野太い音声が溢れるなり、わたしは反射的にルームの取っ手に掛けた腕を放すと一目散に足取りを走り抜け下りてゼロフロアに戻った。
(な、何事か……)脱毛ラボ 札幌