東南アジアでは、異国トラベル先にこの国が花盛り

今日は全国的にも暑い、文字通りのミッドサマー日光でした。
そんな日光は殊に、気持ちいい自室でくつろげるポイントの値を心から感じます。

最近、とあるウェブサイトで楽しい素材を見かけました。
“「行きたい世界中」1位は、この国!東南アジア3ヵ国でもうなぎ登りの視線”
種目を略すると「海外旅立ちこととして生じる世界中が人気で、東南アジア3ヵ国を対象の視線吟味でも第1そばに」とのことです。

その「とある世界中」とは、誠に国中だそうです。
東南アジアの取り分け、とりわけベトナム・フィリピン・シンガポールの3ヵ国で「海外旅立ちで行きたい世界中」視線第1そばだそうです。

海外旅立ちで訪日というと、さすが爆買いが内容なのかとひよっこは予想してしまう。
ですがじつは、東南アジアからの訪日ツーリストの目的では「購入」は8そばだ。
東南アジアからの訪日ツーリストの目的の吟味を見ると、あんな収益だ。
第1そば「国中食」第2そば「人並み・景勝旅」第3そば「スパへの入浴」だそうです。
東南アジアでは、日本のこんな本質が売れっ子なんですね。http://www.cc2008.net/